夏本番です、「う」を食べて夏を乗り切ろう!

  • 2019.07.19 Friday
  • 07:45

JUGEMテーマ:

小樽市花園にあるうなぎ屋

 

「板前 しおみ」のまさとです!

 

暑い夏にうなぎを食べると健康に夏を乗り切れる

 

定着した習慣となってきましたね!

 

スーパーでもうなぎの特設コーナーが

 

あり販売に力が入っています。

 

 

普段はあまり食べない「うなぎ」がですが、

 

この時期には 食卓に並ぶことは多いんだろうと思います。

 

 

2019年の夏の土用の丑の日は、「7月27日」はです。

 

ところで、

 

土用の丑の日って実は夏だけじゃないって知っていましたか?

 

土用の日は、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の

 

前の約18日間となっていて、この18日の間に

 

干支の丑が重なると「丑の日」となります。

 

十二支の12日に対して土用は18日程度あるので、

 

年によっては丑の日が2回ある年もあります。

 

この場合、一の丑、二の丑と呼ばれ、

 

どちらも土用の丑の日となります。

 

 

夏の土用の丑の日になぜ、うなぎを食べるのかというと

 

「厳しい夏を乗り切るための知恵」として江戸時代に

 

生まれて、日本の習慣になりました。

 

諸説ありますが、「う」のつくものを食べると

 

夏バテしない という言い伝えで、

 

うなぎ以外に、うめぼし、うど、うどん、

 

ウインナー、うに、うりなど、けっこうあります。

 

なんだ、それなら毎日食べてるよという方もたくさんいますよね。

 

しかし、せっかくですから特別な日に滋養満点な

 

本格うなぎを召し上げって見ませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

うなぎのしおみ HP

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ムームードメイン

グーペ

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM