ご存じでしたか、うな丼を発明したのは、うなぎ屋じゃなかった!

  • 2019.10.22 Tuesday
  • 19:22

JUGEMテーマ:

 

 

 

小樽市花園にあるうなぎ屋

 

「板前 しおみ」のまさとです!

 

 

うな丼を、発明したのは、

うなぎ屋じゃなかった!

 

日本には数多くの丼物がありますよね〜

 

ご飯と共にかっ込む醍醐味の丼ですが!

 

天丼、牛丼、かつ丼、親子丼などご飯とおかずを

 

ひとつに盛り合わせる丼は、時間を掛けずに楽しめて

 

食べれる食事として人気がありますが

 

 

明治に入るまでは、丼といえば、うな丼を

 

指していたそうです!

 

 

 

 

 

 

うな丼は江戸時代・文化年間の頃、芝居小屋が

 

並ぶ日本橋の堺町(現在の東京人形町)で

 

芝居の金主(芝居の資金提供者)である

 

大久保今助という人が発案したとされています。

 

今助は大の鰻好きで、近隣のうなぎ屋の大野屋

 

から毎日にのように出前を取っていました。

 

 

当時は、うなぎが冷めないように、温めた糠の上に

 

乗せ冷めない工夫をしていましたが、うなぎにつく

 

糠を取るのが余計に手間で、今助は「熱い飯を丼に

 

盛りご飯の間にうなぎを挟んで持ってきてくれ」と

 

頼みました。

 

やってみると、うなぎは冷めないし、ご飯にタレは

 

しみ込んで一層に美味しくなっていいことばかりに

 

気が付きました。

 

この食べ方が評判を呼び、大野屋では

 

「元祖 うなぎめし」という看板で売り出し

 

大繁盛しました、これが「うな丼」の始まりと

 

言われています。

 

 

うな丼の発明はうなぎを食べる方からの

 

リクエストからの発明だったのですね〜。

 

 

 

ちなみに割り箸の元祖もうなぎと関係していたそうです

 

うな丼が普及するにつれ、竹製の「引き裂き箸」

 

「割かけ箸」が登場したそうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うなぎのしおみ HP

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ムームードメイン

グーペ

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM